アーサナの王様、シールシャアーサナにチャレンジWS

「逆さまの王様」 と、3つの忘れ物の関係がカギ。

11/3(文化の日)は、

今年最後の祝日恒例イベントその①、

「アーサナの王様、シールシャアーサナにチャレンジWS」でした。

 

この「王様」は、、、

ヨガのクラスでスタートする時や普段立っている状態、タダアーサナ、サマスティティヒの直立の姿勢が逆さま(逆転)されたもの。

 

ですが、

一見カンタンそうに見えて、いざ逆さまになるとそれが同じようにできないものですよね。

 

 

1つのアーサナが「これだ!」とか「できた!」という一定の基準に達するのには何かしらの意識を持ち、変化が必要となってくる。

 

それを今回は、逆さまでも直立の姿勢と同じ状態になる・もどるように、

体の様々な意識を引き出すレッスンとなりました。

 

 

 

シールシャアーサナ(逆さま)になるうえで

ついつい忘れやすい体の忘れ物ベスト3は以下のとおり、

 

1.肩が挙がる。

2.お腹を締めていない。

3.背中が猫背

 

以上です。この3つは「上に足を浮かせたい」気持ちが先行すると起こりやすい状態です。

そして、↑の3つをしないでチャレンジしても、最初は全く挙がる気がしないんです。

 

 

ですが、丁寧に辛抱強く繰り返すと「あっ、、、。」という瞬間がくるんですね。

今回は幾度かその時がきたように感じました。

 

 


ワークショップのようす